読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

再生メモ

苦悩系ブログです。深海で、なんとか光ろうとしています。口角上げる。

私は散歩に行くだろう、『起きてから寝るまで英単語帳』(発表語彙)

洋服を1枚買ったら、もっと欲しくなってきた。

白いTシャツが欲しいー。靴も欲しいー。

いかんいかん。落ち着こう。

心を落ち着かせに散歩に行こう。

 

 

 

起きてから寝るまで英単語帳―身の回りのものを全部英語で言ってみよう!

起きてから寝るまで英単語帳―身の回りのものを全部英語で言ってみよう!

 

コラム1

英単語を「知っている」って、どういうこと?

「単語はたくさん知っているのに、なぜ英語が話せないんだろう?」

 単語の知識には、英単語を見聞きしたときに意味を理解できる単語(受容語彙)と自ら必要に応じて使用できる語彙(発表語彙)という、2種類がある。

これを考えると、英語を使いこなせない多くの日本人は、受容語彙しか身に付いていないのではないだろうか。「英単語を覚える=単語帳を暗記」という受動的学習法が中心で、巷にあふれる単語帳は、英単語と訳語の羅列ばかり。テストに向けてそのような学習をするのは仕方がないが、英単語を自ら使って会話するためには、やはり発表語彙が重要になるのである。

 

 

それでは、どうしたら発表語彙を増やすことができるだろうか?重要なのは、次の2つ。

1 簡単な動作・事物の状態を英語で表せること

2 身の回りにある物を英語で言えること

 

 

「使える」語彙を増やすには、このように普段から身の回りのことを英語で考える習慣をつけることが肝心なのだ。

 

 

  この本、せめて身近な英単語でも覚えようかなと思って買ったけど、全くやらなかった。英語に対する苦手意識が拭えない。